2014/10/04

変換アダプタって大事だよね。とっておくと助かる瞬間があるよね。

    ハァイ!
    爽やかな風のような変態、カエル様ですよ!


    もうね、口金足りないカラビナ足りない持ち手も足りないと、
    あれやこれや足りない祭りに陥っております。

    買うしかないんですけどね、マネーがね。
    マネー。

    やりくりしつつ。


    で、やりくりせんでも作れるのを一発。


    ビニコトート。
    いろんな人がいろいろ作ってらっしゃる。

    そしてプラグ柄です。
    なんか懐かしいのとか混じっててノスタルジーに駆られる。


    角っとしてる。
    コバステッチってやつだわな。


    まあ情報なんて氾濫しておるものでして、
    角が決まったりするやつ?みたいな?
    調べに調べて、解せぬと思いつつもやってみて、
    なるほど便利なやり方だなと。

    要研究。


    持ち手は綾テープ。

    生成りの綾テープの汎用性高すぎるだろう。
    素敵!抱いて!!


    一枚仕立て。
    ペラッペラです。

    紙袋みたいな物体にしたかったので意図通りなのです。

    サイズも、頻繁に使ってる紙袋そのまま。



    縫い代はバイアスでくるむ。
    それが俺のジャスティス。

    すっごく半端に余ってたバイアスが消費できて嬉しい。

    どれくらい半端だったかと申しますと、
    いつも作っているスイカポーチの縫い代をくるむのに
    あと3cm足りない。

    「ぬぅあああああ!足りねえ!!」

    って絶叫するくらい。



    さて、誰もが通る「ツヤありビニコ縫うの大変なんじゃいワレェ」問題。
    私は新聞紙を敷いて縫うのがやりやすかったです。

    ティッシュペーパーは縫った後にとるのが大変だった。
    縫い目んとこに繊維がくっついちゃうのな。

    マステは
    ミシン本体と押さえに貼る>イマイチ
    布に貼る>取るのメンドイ

    押さえを専用のものにするってのは既にクリア済み。
    その上で、ってぇやつさな。

    その点、新聞紙はビリビリーッと破けるので楽でした。

    あと、やはり内布付けたいねぇ。
    もったりしちゃうけどね。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿