2011/10/15

カルトナージュであろう何か。

    「おがあしゃああああーーーん」

    と、半泣きの娘の声が聞こえた時点でもう嫌な予感は頂点に達するわけです。

    「どうした」
    「お母さんの鏡、壊しちゃったああぁあぁぁぁあ」

    バッグに入れっぱなしのフタ付き鏡。100均で買ったんだったっけかなぁ。
    そいつを出しっぱなし>娘が目をキラキラさせていじる>蓋蝶番部分が破損。

    「ふたが、パキッってええええ」
    「あーいいよ、それ安いやつだし。直すから」
    「え?」

    今回のお題は「壊れた鏡を何とかする」。

    安っぽいアクリルの枠を全力で外し
    (鏡の方をブチ割りそうになったのは秘密だ!)
    四角い鏡だけの状態に。
    なんと幅広の両面テープでとめてあるだけでした。

    どこから出てきたのかよく分からない厚紙を切って貼って
    布も適当に切って貼って見様見真似で何とかココまでこぎつける。



    なんとかなった!
    生地はechino。勿論ハギレコーナーで安く買いました。
    大好きだけどホイホイ買えませんて……ホイホイ買いたいけどさ……。




    本当は蓋側に自転車が配置されるようにしたかったのですが、見事に失敗。
    失敗は成功の母って言うよ!
    実は幅の計算を誤って、少ししまりが悪いんだが気にしないよ!
    布だから伸びるよ!

    つ、次こそはもっと上手にやりたいと思います。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿